ニュース & トピックス

レポート

リラックマからボーイングまで 国内外12000の有名ブランド・キャラクターを御社の商品に使う!イングラムは「ブランド・キャラクター商品化窓口」としてお客様をサポートしています。

プロパティ一覧

Milano Report

比較的暖冬な新年を迎えたミラノより、冬に必須な情報から新スポット情報までお届けします!

1)美容と健康にお勧め!ミラノ屈指の老舗ハーブ店。

寒さも本番、風邪が蔓延するこの季節。日本では中国生まれの漢方が自然派には主流だが、イタリアもナチュラルハーブをブレンドして身体の不調を整える。
薬屋と負けないほど街中に数多く点在するハーブ屋「エルボリステリア」だが、その中でも老舗中の老舗、「エルボリステリア・オフィチナーレ・メディオラヌム」は1977年創業。オーナー、ガブリエラさんは中国にも留学した経験を持ち、ミラノの大学で講義も行っている。
約400種類の薬草を扱い、症状に合わせブレンドもしてくれる。中でも注目は、なんと1875年から受け継がれているハーブティーで、4代目で途絶えた一族が、ガブリエラさんに托した貴重なレシピ、「テ・エパティコ」。肝臓や腸の調子を整える効果があり、処方する医者もいるほど。
喉の風邪に効く「ティザーナ・バルサミカ」も秘伝レシピ。 その他、食後の胃もたれを改善する「ティザーナ・ベアトリチェ」なども評判。飲み方を訊ねると、木製スプーンやこし器、カップを出して丁寧に説明してくれるガブリエラさん。その他、更年期障害やアンチセルライト対策のエッセンスもある。地下鉄モスコバ駅から近いのも嬉しい。

Erboristeria Officinale Mediolanum
Via A.Volta 7, Milano
Tel.02.6572882
営業時間:10:00〜13:00、15:30〜19:30 ( 定休日:日曜・月曜午前 )

ミラノPart-1

2)合法ヘンプ・ショップ「ヘンプ・エンバシー」が話題に!

ハーブはハーブでも、こちらはなんとヘンプ(麻)の専門店。近年は日本でもヘンプシードが健康食品として扱われるほど、ヘンプの効能が世界的に注目されている。
昨年の6月にイタリアで初めてオープンした専門店「ヘンプ・エンバシー」で扱うヘンプは、THCというハイになる向精神成分をほぼゼロに近い0.02%まで抑え、100%ナチュラルハーブであることから、身体に良いもの、身体の不調を治すためとして愛煙家が増えている。
ここで売られているのは既に乾燥させ、すぐ吸える状態のものが20種類ほど。また、植物の状態でも購入できる。ただ、麻の売買は合法だが、栽培はイタリアもまだ非合法なため、オーストリアで栽培されたものを輸入している。
花を咲かせると非合法なので「拳銃の売買が合法でも、悪用すると非合法であるように、自己責任で管理ください」とのこと。いずれにせよ育てて乾燥させるには2ヶ月かかり、特に冬場は一定の温度と光を保つための専用器具が必要なため、乾燥葉の方が良く売れるそうだ。
その他、ハーブティーやボディーオイル、ビールなどヘンプ製品も販売している。日本では非合法なので、決して日本へ持ち帰らず、イタリア国内で楽しんで帰ってください、とオーナーからのメッセージ。ちなみにこの店はフランチャイジング化されており、春頃までにリミニやローマ、そして更にミラノでも店舗が増える予定。

Hemp Embassy Milano
Viale Tibaldi 3, Milano
営業時間:11:00〜20:00 (定休日: 日曜日)
*未成年の来店お断り

ミラノPart-2

3)キャサリン妃も愛用! 「レステリ・グアンティ」 テンポラリーショップ

今年も冬の期間限定でオープンしている高級手袋「レステリ・グアンティ」は、1920年創業以来、変わらずその伝統とイメージを守り続けているミラノが誇る高級手袋の老舗。言うまでもなく常に最上級の革のみを使用しており、海外では高級店のみで扱われている。そのクオリティーの高さとエレガントさから、フランスではこの手袋を身につけていることが上流階級の証だとか?
特にお勧めはスキー用で、革はペッカリーをはじめ、鹿、カーフの3種類、防水加工が施され、かなり温かく人気商品。あのキャサリン妃もパリで購入しご愛用だとか。価格は250ユーロ前後から300ユーロ近くまで。素材の在庫さえあれば、オーダーメイドも通常価格に30ユーロ増で受け付けてくれる。
工場がミラノ市内なので、早ければ2、3日で、遅くても1週間ほどで出来上がるそうだ。1月からはセールも始まり一部の商品が20〜50%オフになるので、安いものはカーフでも50ユーロ以下になり、とてもお買い得。ただしメンズとスキー用は対象外。この冬は3月31日までオープン。毎年、店の場所が変わるのでサイトにて要チェックだ。

Temporary Shop Restelli Guanti
Via Bagutta 14, Milano
営業時間:10:30〜19:30 ( 定休日:日、月曜日 )

ミラノPart-3

4)シーフードの新スポット、「コラリウム」

昨年の9月にオープンしたシーフード・レストランは、落ち着いたモダンなインテリアと気取らないカジュアルさで気軽に入れて楽しめる連日満席の新スポット。
オーナーは中国人だが厨房にはミラノやバルセロナで経験を積んだベテランのイタリア人シェフが腕を振るう。手長エビや蟹、オイスターやウニなど、新鮮な魚介をふんだんに使った料理がずらっとメニューを埋める。場所は昨年開通した新しい地下鉄、紫線の「Gerusalemme (ジェルサレンメ) 」駅のすぐ上とアクセスも良い。
近年急激にレストランが増えたエリアだが、地下鉄の開通によって更に活気づいている。前菜に茹で蛸とポテトのサラダは定番だが、ここはカリッとグリルしたタコとポテトがサラダに乗って香ばしい。フワッとボイルした手長エビを和えたサフランのリゾットも絶品。
その他、その日の鮮魚の料理をその日のメニューから選ぶのもお勧め。お値段は決して安くないが、オフィシャルサイトと提携している値引きサイト、“ THE FORK ” で頻繁に30%ほどの割引があるので要チェックだ。

Corallium
Via Fratelli Induno 1, Milano
営業時間:12:00〜15:00、19:00〜24:00 (無休)
電話番号:02.89073340

ミラノPart-4