JP | ENfacebook

Report

London Report

20度前後の初夏の陽気が続くこの頃、どうやら隣の野放しの庭に狐が巣を作っているようで、先日柵越しに偶然子狐2匹がじゃれ合う姿に遭遇。狐たちもこの季節を待ちわびていたんだなあ~と心が温まるひと時でした。さて、今回もポカポカ陽気と共にロンドンの最新情報をお届けします。

Prg-1

I WILL KILL AGAINはホマートン駅の高架下にあるカフェ。2014年からコーヒーロースタリーとして営業しているDark Arts Coffeeをベースにカフェを営業する。オーストラリアとニュージランド出身のオーナー達が経営するアンティポディアンカフェは、彼らが愛するオカルトやバイクカルチャーが美味しいコーヒーと融合した居心地の良い空間。メニューにはビーガン向けのものが多く、今回トライしたジャックフルーツのケサディージャもその一つ。ペッパー、ほうれん草、サボテンなどがたっぷりのチーズと共に焼かれ、上にアボカドサルサソースがかかったケイジャン風味の一品で、どれも初めて耳にする言葉や食材ばかりで想像がつかなかったが、程よくスパイスが効いたメキシカンな仕上がりで食感を楽しみながら美味しくいただけた。この他にもスパイシーなンドゥーヤのケサディージャや、サワードウの上にベルーガレンズ豆のダールとチーズがかかった一品、がっつり系のベーコンエッグサンドイッチなどもあり、どれもボリューム満点で空っぽのお腹を満足させてくれる。店内でローストされた豆を使って入れられたFlat Whiteはとても濃厚でクリーミーな味わい。Black、White、Filterからお好みのスタイルで。

ロンドンPart-1

Prg-2

ロンドン王立植物園Kew Gardenが新しいガラスの彫刻を敷地内に散りばめた野外のアートギャラリーに変身した。4月から10月まで期間限定で行われるこの展示には50年ものキャリアを持つアメリカのアーティストDale Chihulyの作品を展示。カラフルでスケールの大きいガラス製の彫刻の中にはUK初お目見えの作品も含まれ、日の光を浴びてそびえ立つ姿がまるで青い太陽のような「サファイアスター」を始め、日本庭園の石庭の上に大胆に展示された作品からは宇宙を感じさせられる。更に5年越しで復元され昨年から再開したヴィクトリア朝の温室Temperate House内には数多くの作品が展示され、作品が持つ独特な色彩と自然なフォルムが植物と絶妙な調和をもたらしている。更に夜の体験として8月15日から最終日まで行われる「Chihuly Night」では、日が傾くと共に展示物がライトアップされ夜空を幻想的なイルミネーションが彩り、バックグラウンドにはミュージシャンの生演奏も加わりムードを一層盛りあげてくれること間違いなし。(開催時間19:30~22:30)

ロンドンPart-2

Prg-3

KraPowはタイ北部の料理を提供するレストラン。オーナーのポールさんがアジア旅行中に訪れたチャンマイで屋台料理を味わって以来その虜になり、ロンドンに戻った後もその味が忘れられず、数年間試行錯誤を続け思いが募った末、2016年友人のリチャードさんと共に屋台から始めたのがきっかけで、これまでにはロンドン市長から「My London Dish」のお墨付きをいただいたことでも知られる。チャンマイ料理は隣国ラオス、ミャンマー、中国から影響を受けるタイ北部ならではのパンチが効いた複雑な味わいが特徴で、屋台の頃からの看板メニューKraPow mooはスパイシーな豚ミンチに半熟の目玉焼きが乗った一品で、豪快にご飯と混ぜていただけば二日酔いも吹き飛びそう。Kao soi gaiはウコンで黄色く色づいたココナッツカレースープに、マスタードグリーン、タイのエシャロット、パクチー、仕上げにクリスピーな揚げ麺が乗せられたヌードルスープは、茹で麺と揚げ麺の食感の違いが楽しめる濃厚な味わい。メニューにはない日替わりスペシャルなども要チェック。ここでは一味違ったタイ料理が楽しめる。

ロンドンPart-3

Prg-4

イギリスにも近頃韓流の波が押し寄せている。何百万もの若き音楽ファンがその洗礼されたポップに魅せられ、食通はその美食の虜になり、アーティストや俳優たちも韓流にはまっているのだとか。近頃では英国サッカープレミアリーグに所属するストライカー、ソン・ヒュンミンの人気は目覚ましく、試合で次々とゴールを決める見事なスキルと優しい笑顔でソニーという愛称で呼ばれ、サッカーファンの中には好きが高じて韓国旅行を決めたという人や、韓国料理を食べるようになった人もいるというほど。更に先月BTSがKポップ初のUKチャートのNo.1に輝き、6月に2日間行われるコンサートのチケットは数分で完売したのだとか。食文化では、ロンドンのセレブシェフ、ジュディ・ジュを始め、確立したレストランが多くあり、今ではバーミンガムやマンチェスター、シェフィールドやエジンバラにも広がり、今や主要のスーパーマーケットでは韓国食材や食品がストックされている。今後フェスティバルや映画祭などのイベントが開催される予定もあり、また、セレブにも人気のファッションブランドFayewooはロンドンにヨーロッパ初の店舗を近日オープンするのだとか。韓流はこれからもますます躍進しそう。

ロンドンPart-4

サービス紹介はこちら管理プロパティ一覧はこちら