JP | ENfacebook

Report

Paris Report

DEMO

スペインからパリに帰ってきたら、あらあら、またです。
お盆に御墓参りに行けなかったので、モンパルナス墓地に行こうとダンフェールロシュロの地下鉄を上がったら、なんか変な気配でした。真ん中に立派なブロンズのライオン像がある大きな広場。ここが、人ヒト人で、広場がなくなっていました。
対角線にある御花屋さんにお墓用の白い花の植木鉢(日本は切り花ですね)を買って行く予定でしたが、お花屋さんの前には立派なステージが、「マクロン辞めろ!パスサニテール(QRコードの衛生パス)反対!」とマイクで叫んでいます。広場を埋め尽くした人たちは、その声に答えて「マクロン辞めろ!」とマスク無しで叫んでいました。
『これはまずい!!』感染する危険を感じました。ギュギュウ詰めで決起集会は続き、そのあとはデモ行進です。絶対にクラスターが起きると危なさを感じて遠いお花屋さん行きました。
毎週土曜日には下記のようなお知らせが在仏日本大使館からきます。
『報道などによれば、9月4日(土)、パリ市をはじめ、フランス全国の都市において、衛生パス(pass sanitaire)や義務的ワクチン接種に反対するデモが実施される模様です。これまで同様のデモにおいて破壊行為や暴力行為が発生し、逮捕者も報告されています。デモ周辺では各種規制が実施されるほか、思わぬ騒動に巻き込まれる可能性もありますので、付近に近づかないことをお勧めします』と。

そしてこちらは15区のアンドレシトロンの公園です。
“紐付き”ですが気球が気持ちのいい芝生の上に浮かんでいる公園。ここに何百ものカラフルなテント。「何かのイヴェント?楽しそう!」と思ったら、こちらもデモでした。
難民の人たちをサポートするボランティア団体が、一人用のテントを集めて、政府に『難民の人達がに対して彼らの住居を与えよ!』と主張する動かないデモでした。
フランス人は、なんでもフランスナンバーワン!とよく言いますが、デモは本当に世界一ですね。

Paris Report

新学期

フランスは9月から新学期です。文房具屋さんやスーパーには、新学期用のノートや文房具が大量に並びます。
手帳のカレンダーも8月のページもおまけでありますが、基本的に9月から1年が始まります。ノートはシンプルですが、表紙の色が綺麗です。色彩感覚の教育に良いのではと思います。
日本の6年間使うランドセルはどんどん進化して凄い事になっているようですね。性能も金額も。こちらはシンプルな布で軽く、小学校でずーと使う気はありません。子供の体格が変わったら買い換えます。その前に壊れたりしますが。
こちらのパブリックの学校は無料です。ただ新学期はなにかと物入りです。生活に余裕がないご家庭には各自自体から新学期用品の手当が支給されるそうです。

Paris Report

夏の思い出

パリに帰ってくる寸前に見かけたヨガの風景が、肌寒いパリで頭をよぎっています。
恥ずかしがったり怖がったりせずに、参加すればよかったかなああ。と後悔しています。それは、イビザの小さな入江でやっていた『水上ヨガ』です。
ひとり一枚、サップボートを与えられてちょっと沖まで行きます。しかし入江の中ですので、波はありません。先生の浮かぶ舞台の周りにボードを並べて立ち上がりますが、初めは落ちる人も続出。何度かでバランスを体得。それから本番です。
足元グラグラで“なんとかのポーズ”。水上なのでバランスをとりながらするので、体感が、陸上よりも鍛えられるそうです。とパンフレットを読みながら、崖の上から見学しかしていません。
あまりに寒いパリなので、もう!来年の夏のヴァカンスを夢見ています。

Paris Report

サービス紹介はこちら管理プロパティ一覧はこちら